• 更新日:2019.10.19
  • 投稿日:2019.10.19

初心者が持っておくと良いバス釣りルアーを紹介!

これからバス釣りを始めるという方で、どんなルアーを持っておくとよいのか迷ってる方に向けて、これだけは絶対に持っておくと良いルアーを紹介したいと思います。

持っておくと良いルアーの基準は、「よく釣れる」「どんな場面でも使える」この2つを軸に選定してあります。
ルアー選びは、そのフィールドによって変えていくのですが、初めてやる場合は、基本的な動かし方や、扱い方を知ってから、自分なりに調整をしていくと良いと思います。

バス釣りルアー

では、まずルアーの種類から紹介したいと思います。

バス釣りのルアーは大きく分けて2つある

バス釣りのルアーには大きく分けて2つの種類があります。
それが「ハードルアー」と「ソフトルアー(ワーム)」になります。
この2つに分類されないのもありますが、それはハードルアーとソフトルアーの組み合わせルアーみたいなものなので、まずは上記2つあることを知っておいてください。

初心者が持っておくと良いハードルアー

ハードルアーとは、プラスチックや木などの硬いルアーを示しています。
見た目も、魚っぽいデザインのものが多く、コレクションとしても見栄えがするルアーになっています。

では、どんなルアーを持っておくとよいのか紹介していきます。
初心者がまず持っておくと良いハードルアーは、2種類です。

バイブレーション系ルアー

レベルバイブ

形が平ぺったく、重量があり、ルアーが激しく振動するタイプのルアーです。
このルアーは、空気抵抗が少ないことから、かなり飛ぶルアーになりますので、初心者の方には、投げる練習にはピッタリのルアーです。

主に、ベイトタックルで飛ばすルアーになりますので、ベイトリールの練習にはもってこいのルアーです。
そして、年中釣れるルアーになりますので、1〜2つは用意しておきたいルアーになります。

その中でも、おすすめなのが、「TNシリーズ(ジャッカル)」と「レベルバイブ(レイドジャパン)」になります。
※()の中はメーカーを示しています。

TN50

この2つは、見た目もかっこよく、ただ巻くだけで最高のアクションを演出してくれますので、初心者の方にも扱いやすいルアーになっています。
自分がよく行く五三川でも、レベルバイブはよく釣れるルアーとして人気です。

クランクベイト系ルアー

ワイルドハンチ

クランクベイト系ルアーとは、ルアーの先端にリップ(ベロみたいなやつ)が付いており、この形や長さによって潜る深度が変わります。
水深に合わせて使うルアーなのですが、まずは少しリップが長いルアーを選択すると良いと思います。
その理由は、リップが障害物に当たり、根がかりを回避してくれる確率が高まるため、ルアーを失うリスクが減ります。

その中でもおすすめなのが、「ワイルドハンチ(EVERGREEN)」になります。
結構昔からあるルアーになりますが、実績が多くあり、リップも長いため、ロスト率が減ります。

この2種類を持っておくことで、投げて巻く練習からロッドに伝わる振動とはどんなのか?を知ることができます。
カラーも色々ありますが、好きなのを選んでください!
自分が好きな色のルアーを投げることで、釣れるのではないか?という気持ちが高まりますので、まずはカラーはお好みで選びましょう!

では、次はワーム系の紹介をしたいと思います。

初心者が持っておくと良いソフトルアー(ワーム)

ソフトルアーは、ハードルアーと違い材質が柔らかく、何本かセットで売られてることが大半です。
価格も、ハードルアーより安く、失ってもそれほど痛手を追うことはありません。
しかし、こちらのルアーは、ワームと針(フック)を購入して、自分でセッティングする必要があります。

今回は、ワームとフックの両方を紹介していきます。
※フックには大きさがありますので、お間違いなく!

ストレート系ワーム

ヤマセンコー

ワームの代表的な位置にもある、ミミズのようなワームです。
見た目からもミミズっぽいので餌っぽく、釣れる気がするようなワームです。

その中でも、おすすめなのが「フリックシェイク4.8インチ(ジャッカル)」と「ヤマセンコー4インチ(ゲーリーヤマモト)」になります。

この2つは、どこのエリアでも使っている人が多く、釣れてる実績のあるワームになります。
ワームの表記の後ろに付いている番号は、そのワームの大きさを示しており、小さすぎず大きすぎの普通サイズから使っていきましょう。

スピニングタックルで主に使っていくワームになっています。

フリックシェイク4.8のセッティング

フリックシェイクを使う際に、ワッキーセッティングという仕掛けで使われることが多いです。
頭から針を刺すのではなく、ワームの中央付近に針を付けて投げます。

フックは、マスバリのような形をした針で、ガード付きのものを選んでください。
ガードが付いていることで、根がかりを防いでくれますので、まずはガード付きの物を選びましょう。
フリックシェイク4.8のサイズでしたら、3号か4号あたりの大きさのフックを選びましょう。

ワッキーフック

ヤマセンコー4のセッティング

こちらも、フリックシェイクどうようにワッキーでセッティングしてもいいのですが、同じアクションをさせてもつまらないので、オフセットフックと呼ばれるフックを付けるのをおすすめします。

頭から針を指して、フックがワームから出ないようにするのがコツです。
フックサイズは、「1/0」と書いてあるものならどれでも大丈夫です。

カツイチ(KATSUICHI)キロフック ワーム17 1/0号 釣り針

カツイチ(KATSUICHI)キロフック ワーム17 1/0号 釣り針

249円(10/26 21:16時点)
Amazonの情報を掲載しています

ワームもハードルアー同様に、好きなカラーを選んで良いのですが、どんな動きをしているのか確認しやすいように、色が透けていないカラーを選ぶと良いと思います。

スナップは持っておくと良い!

スナップ

初心者の方は、色々なルアーを付け替えて楽しんでもらいたいので、スナップと言われるルアーとラインを繋いでおく、商品を持っておくと良いです。
これがあることで、ルアーの付け替えが非常に楽で、いちいち結び直さなくて良いのでおすすめです。

デメリットとしては、藻が多いところなどで使うと、スナップに模が絡み合って予期せぬアクションや根がかりにも繋がります。

OWNER(オーナー) P-02 クイックスナップ 0

OWNER(オーナー) P-02 クイックスナップ 0

203円(10/26 21:16時点)
Amazonの情報を掲載しています

好きなルアーを投げることが大切

上記の紹介で「ハードルアー」と「ソフトルアー」を紹介しましたが、一番大切なのは、自分がカッコいいや釣れそう!と思うルアーを選んで投げることが大切です。
そのほうが、釣りをしているとき楽しいと感じることができるので、釣具屋などに行き、色々なルアーを見て決めるのも良いと思います。

そうすることで、よりバス釣りが楽しくなり、あらゆる戦略を考えていけると思います!