• 更新日:2020.03.15
  • 投稿日:2020.03.15

【花粉症アングラー必見】花粉症対策スプレーを徹底比較!おすすめはイハダのスプレータイプ!

3月は花粉症の人はとくに辛い時期に途中しますね。
2020年は前年と比べて花粉散布量は少ないと言われていますが、外で1日釣りをするには辛い時期です。

そこで、花粉症を少しでも和らげる花粉症対策スプレーをご紹介したいと思います。
この花粉対策スプレーは、顔にシュッと吹きかけるタイプで、花粉の侵入を防いでくれる効果があります!

しかし、世の中にはたくさんの種類が発売されており、どれを選んだら良いのか迷うと思います。

今回、自分自身で薬局やネットですぐに買える3種類の花粉対策スプレーを比較してみました!

花粉対策スプレー

花粉対策スプレーとは?

市販されているスプレータイプのものは、保湿成分配合、PM2.5、ウイルス、ハウスダスト対応などの効果があり、
顔に吹きかけることで、バリアーを張ってくれる商品です。

主に、イオンや帯電防止剤などで、静電気発生を防ぎ、顔に付着する花粉を軽減させる効果があります。

花粉対策スプレーを3種類比較!

今回、薬局やネットで買える3種類を2週間ほど使ってみて比較してみました。

比較スプレー

  • イハダ アレルスクリーン EX 50g
  • プレディア プティメール フリー & マイルドスキンバリア スプレー 70g
  • アレルバリア ミスト57ml

結論から言いますと、「イハダ アレルスクリーン EX」がもっとも効果が高いと思います。
実は、このイハダの商品だけ特許技術が採用されており、「微粒子吸着防止技術」がイオンの透明ベールで花粉等の付着を抑制してくれます。
成分の中に、温泉水が含まれており、細かい霧の粒子が、肌や髪に広がりブロック効果をより発揮してくれます。

花粉対策だけを考えるのでしたらイハダのスプレーが一番おすすめです。
自分自身これを使い、外に1日いたりしましたが、鼻がムズムズするのが減ったと感じられました。

d プログラム アレルバリア ミスト (化粧水) 57mL

d プログラム アレルバリア ミスト (化粧水) 57mL

1,200円(10/27 04:17時点)
Amazonの情報を掲載しています

3種類のスプレーの成分を比較

3種類の成分の中で、注目すべき成分は、帯電防止剤が入っているかが重要です。
静電気の発生を抑えることで、花粉の付着率を下げることができます。

イハダには、帯電防止剤として「ジステアリルジモニウムクロリド」が入っていますが、他の商品には入っておらず、「乾燥防止」を高めるために、保湿効果がある「アッケシソウエキス」や「グリセリン」が入っています。

イハダの商品のも保湿効果を高める「ポリクオタニウム-51」が入っているため、総合的にイハダの商品が花粉対策にあっていると思っています。

イハダ プレディア アレルバリアミスト
エタノール エタノール BG
ポリクオタニウム-51 アッケシソウエキス テトラエチルヘキサン酸ペンタエリスリチル
PEG/PEG-14/7ジメチルエーテル ペルベチアカナリクラタエキス DPG
窒素 海水 グリセリン
クエン酸Na BG ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン
PEG-30フィトステロール クエン酸Na PEG/PPG-14/7ジメチルエーテル
クエン酸 ヒドロキシプロピルセルロース トリメチルシロキシケイ酸
温泉水 ポリソルベート80 エリスリトール
ジステアリルジモニウムクロリド 窒素 塩化Na
イソステアリルアルコール フェノキシエタノール ヒドロキシプロピルシクロデキストリン
ミネラルオイル アルギニン
イソプロパノール ハマメリス葉エキス
フェノキシエタノール ジメチコン
クエン酸Na
ジイソステアリン酸ポリグリセリル-2
メタリン酸Na
クエン酸
ピロ亜硫酸Na
フェノキシエタノール

花粉対策スプレーはイハダが良いが、女性にはアレルバリアミスト!

実際にそれぞれ使ってみて、スプレーの噴射力が違ったり、水滴の付く量が違います。
イハダのスプレーは、シュッと吹きかけても水滴が結構顔に付着するため、化粧が落ちる可能性があります。
しかし、アレルバリアミストは霧状に散布され、オイルと化粧水の2層タイプで、日中の肌を守りながら化粧もちも向上するので、化粧が落ちるのを気にする方は、「アレルバリアミスト」がおすすめです。

ポイント

花粉対策だけ考えるのなら、イハダの「イハダ アレルスクリーン EX」を選ぶ。
女性なら「アレルバリアミスト」がおすすめ!(赤ちゃんでも使用可能!)

花粉対策スプレーの注意点

女性などはメイクが落ちる可能性があるので、その点を考慮することを忘れずに!
そして、3〜4時間で効果が落ちるので、1日の間に定期的に吹きかける必要があります。
どの商品も、50〜100gのものが多く、1週間使い続けると、50gのものはすぐ空になってしまうので、100gのものを2本ほど用意しておくと良いと思います。