• 更新日:2019.10.23
  • 投稿日:2019.10.23

初心者におすすめのバス釣り用ベイトリールを紹介!

ベイトリールを初めて使う方に向けて、初心者でも扱いやすいベイトリールを紹介したいと思います。

ベイトリールは、スピニングリールと違い、投げるのにコツが必要です。
このコツを掴むまでは、遠くに飛ばせなかったり、バックラッシュといったラインが絡まる現象が発生してしまいます。

そこで、今回紹介するのは、初心者でも投げやすく、使いやすいリールを紹介したいと思います。

ベイトリールの場合、安い価格帯の5,000円クラスのもあるのですが、これは非常に使うのが難しく、慣れてる方が使えば普通に使えますが、初心者の方には扱いが難しくベイトリールが嫌いになってしまう可能性があるので、最低でも1万円クラスのものを選ぶと良いです。

ベイトリール

初めて使うおすすめのベイトリール

まず、ベイトリールは、スピニングリールと違い、ハンドルを左右に入れ替えることができません。
ですので、買う前に右巻きか左巻きか選ばなくてはいけません。

右巻きか左巻きかは、色々な議論がありますが、自分の使いやすいと思う方を選んで、あとは慣れでどうとでもなります。

そして、ベイトリールには、主に、遠心ブレーキとマグネットブレーキがあります。
遠心ブレーキの場合、ブレーキ調整のために、カバーを開けて調整する必要があるため、少し面倒に感じます。
その点、マグネットブレーキは、外のダイヤルだけで調整ができるので、初心者にも扱いやすくなっています。

慣れてしまえば、どちらも使いやすいのですが、まずはマグネットブレーキ搭載の機種から入るのがおすすめです。

マグネットブレーキ搭載の機種は、基本ダイワに多く搭載されており、その中でおすすめなのが、2019年モデルのタトゥーラ TWというリールになります。

この機種は、ベイトリール初心者でも扱いやすく、ピッチングでも立ち上がりが良いスプールが搭載されていますので、軽快な釣りをすることができます。
もちろん、遠投性もありますので、80m~100m飛ばすことも可能です。

ダイワ(DAIWA) ベイトリール タトゥーラ TW 100H 2019モデル

ダイワ(DAIWA) ベイトリール タトゥーラ TW 100H 2019モデル

13,266円(10/26 14:31時点)
Amazonの情報を掲載しています

遠心ブレーキでも良いという方は、シマノのカシータスMGLをおすすめします。
価格も、14,000円前後で買えるリールになるのですが、飛距離も飛びますし、MGLスプールが搭載されていますので、軽快に投げることができます。
MGLが付いているのと付いていないのでは、軽いルアーを投げる際に明確に使いやすさが変わってくるため、軽いルアーも使いたい方はMGL搭載スプールの方がおすすめです。

シマノ (SHIMANO) ベイトリール 16 カシータスMGL 101 左ハンドル

シマノ (SHIMANO) ベイトリール 16 カシータスMGL 101 左ハンドル

15,800円(10/26 14:31時点)
Amazonの情報を掲載しています

では、次にベイトリールに巻くラインを紹介したいと思います。

ラインは12~14lbあたりがおすすめ

ベイトリールの場合、太いラインを巻くことになりますが、まずいきなり太いラインを巻くとトラブルの元になりやすいので、最初はフロロカーボンラインの12〜14lbあたりのラインを選ぶと良いと思います。

12lbラインなら100m巻けるリールが多いですので、フルキャストしても少し余ることが多いので、安心してフルキャストすることができます。

クレハ(KUREHA) ライン フロロマイスター 320m 12lb

クレハ(KUREHA) ライン フロロマイスター 320m 12lb

1,009円(10/27 00:03時点)
Amazonの情報を掲載しています