• 更新日:2018.07.29
  • 投稿日:2018.06.16

人気爆発中の沈虫を試す!本当に釣れる五三川の必殺ワーム!

今五三川で人気爆発中のワームがあります。
それが、「忍虫(ニンムシ)」です!

レアリス 忍虫

このワームは、フローティングワームなので浮くワームとして設計されているのですが、これを沈める戦法通称「沈虫(チンムシ)」リグで使うことで驚異的な釣果が生まれています。

実際に、自分も使ってみたところ、本当に釣ることができました。
サイズは、30cmほどのバスですが、厳しい五三川で釣ることができる必殺ワームなので、是非おすすめです。

レアリス 忍虫の公式サイトはこちら

では、どんなワームなのか紹介したいと思います。

沈虫とは?リグのセッティング方法

沈虫とは、レアリスから発売されている「忍虫(ニンムシ)」に重りを付けて沈めて使用する方法の事です。
フローティングワームなので、水面を向いているバスを狙うことを設計されていますが、ここに「0.9gジグヘッド オフセット」を使うことで、沈めることができます。

この0.9gの重さ非常に大切になります。

0.9gと1.2gのリグで最強セッティング

この沈虫は、レアリスの相葉さんが作り出したセッティングで、めちゃくちゃ釣れるリグとして動画でも紹介されています。
その中で、どのようなセッティングをしているかと言いますと、
「0.9g ジグヘッド オフセット #1」でセッティングまたは、カバーなどを狙うときは、「1.2g ジグヘッド オフセット #1」でセッティングしてベイトタックルで投げ込んでいます。(#1はフックサイズになります。)

このセッティングをすることで、忍虫の足が綺麗に動きながら沈んでいくため、バスが虫と勘違いして食ってきます。
ですので、主にフリーフォール中にバイトすることが多いリグになります。

おすすめカラー

おすすめカラーは、「ツクツクボウシ」「セクシーバグ」「ヤゴ」といったカラーを選択することで、甲殻類などを捕食しているバスを効率よく釣ることができます。
もし、カバーなど暗い部分に使いたい場合は、「背赤コケグモ」を使うと光を反射して暗いところでもバスが見つけてくれます。

DUO(デュオ) ワーム レアリス ニンムシ 背赤ゴケグモ F601

DUO(デュオ) ワーム レアリス ニンムシ 背赤ゴケグモ F601

1,200円(11/24 18:23時点)
Amazonの情報を掲載しています
オーナー(OWNER) JH-38 オカッパリヘッド 1/32-4 11590

オーナー(OWNER) JH-38 オカッパリヘッド 1/32-4 11590

341円(11/24 02:47時点)
Amazonの情報を掲載しています

沈虫の動画紹介

相葉さんが、沈虫について詳しく動画で説明してくれてますので、こちらも参考にしてみてください。

沈虫実釣編

小バス 沈虫

この情報を元に、実際に五三川で試してみたところ、本当に釣ることができました。
使い方も非常に簡単で、木の杭など目掛けて、沈虫を落とすだけで釣ることができました。

特にアクションさせる必要がないので、ストラクチャーがあればそこだけにポイントを絞りテンポよく探っていける事ができます。

ワームですとどうしてもサーチに時間がかかるのですが、沈虫はフリーフォール中に食わせることを意識していますので、投げて回収を繰り返しながら移動できます。

釣れたポイント

今回釣れたポイントは、最下流の水門手前にあるストラクチャーになります。

五三川 最下流

ここにある木の杭が出ている部分に、沈虫を沈めたら、ラインが走りバスがヒットしました。

忍虫を沈虫リグにセッティングすることで、非常に釣りやすくなることが分かりましたので、ぜひボウズ逃れのためにタックルBOXに1つは忍び込ませておきたいですね。

忍虫(ニンムシ)を使う注意点

忍虫を使う際に1点注意点があります。
それは、保管方法です。
忍虫を他のワームなどと一緒に管理してしまうと、忍虫が溶けてしまってルアーとして機能しなくなってしまいます。
これは、忍虫が他のワームと違った配合でワームが作られているため起こってしまいます。
ですので、忍虫を管理する場合は、買ったときにワームが入っているケースと一緒に持ち運ぶ事をおすすめします。